クラフトのユニバーサルデザイン。公共トイレ、公園・景観施設の設計。

 

HOME > 納入実績 > 対談・掲載記事 > 東北文化友の会会報まんだらvol.29『やまがたレトロ館を取り巻く活動』1/3
対談・掲載記事
雑誌、その他記事

東北文化友の会会報 まんだらvol.29
『やまがたレトロ館を取り巻く活動』 山形歴史たてもの研究会 会長 結城 玲子

山形レトロ館を取り巻く活動

 誰にでも忘れられない景色がある。それは、幼い頃に見た空の色だったり、旅先で見た一本道だったりする。忙しい日常の中でそれらを思い出すことはないが、ふとした折りに脳裏に浮かんできて心を癒してくれる。
小学生だった頃、東京でオリンピックが行われたことにより高速道路が空を走り、高層ビルラッシュが始まった。東京タワーから見下ろす景色は、スモッグにかすんだ近代的な街並み。「やまばと」に乗って東京へ行くと、未来の近代日本の姿が見えた。東北はその「近代化」に遅れたが、それによって恵まれた自然景観が残った。今にして思えば、東北は素晴らしい「たからもの」を手に入れたことになる。日本の経済発展の中で私たちは一途に働き、「やまがた」という故郷で癒された。山形で暮らす立場になると、夏の暑さはさることながら、冬の寒さと雪が身体にこたえる。しかし、それには代えられない良さがある。
平成8年、山形で建築にたずさわる仲間に誘われ、建物を取り巻く環境について考える「やまがた環境研究会」が始まった。山形にも高層ビルが建ち始め、古い建物がなくなり始めた頃だ。と言っても、一体何をなすべきか方向はなかなか定まらず、それぞれが愛する建物を見つけては訪ね歩いたり、所有者と話をしたり、場合によっては雨漏りを直したり、行き当たりばったりの活動をしていた。行動はばらばらだったが、共通するのは古い建物を愛する気持であったと思う。そうこうしているうちに、私達にとってショッキングな出来事が起こった。山形市中心部に位置する旅篭町の歴史ある旅籠が、あっという間に解体されたこと。道路拡幅の計画があった訳でもないのに、諸事情によりとにかく消えてしまった。私達は「何かしなくては」という気持だけはあったが、結果的に何もできなかった。これは苦い経験として残り、その後の活動に大きな指針を与えた。